公益財団法人花と緑の農芸財団
2014年(平成26年) 9月17日(水)、
当財団主催[〜育てよう、花と緑、校庭に〜第24回花の輪運動] の当選校抽選会を
ミニストップ(株)の本部(千葉市美浜区)会議室に於いて行いました。
花の輪運動の流れ

抽選会は、千葉市立幕張南小学校の椎名明彦学校長(@)とミニストップ検見川2丁目店の中村不二夫オーナー(A)のお二人に立会人をお務め頂き、ご協賛を頂いているミニストップ株式会社から宮下直行代表取締役社長(B)、同社コーポレートコミュニケーション部三田敏詳部長(E) 、同部菅原公一マネージャー(F)・野口秀明氏(G)、当財団からは小町文仁理事長(D)以下事務局スタッフが参加致しました。

今期は、全国の対象地区の小学校2,772校から応募ハガキが送られて来ました(応募率約25%)。それを事前に財団事務局で各都府県及び政令指定都市別に仕分けをして、データを作成。抽選会当日はそれをひとつずつ抽選箱に入れて、対象地区学校数比に沿った当選校数分を財団スタッフ(C) が抽選します。今期も千葉市内の抽選は宮下社長にお願い致しました(H)。850校全ての校名を船津裕隆専務理事(I)が読み上げ、その応募ハガキは参加者全員に回覧し、記入漏れ等がないかを確認しますその際に目を通す応募ハガキのご意見欄に書かれたメッセージからは、応募校のそれぞれの事情や園芸活動の様子などが見て取れます。それらは、今後の花の輪運動の参考にさせて頂きます。
最後に立会人様にご署名を頂き、抽選会は無事に終了致しました。